「魚処 わき」近くのゴロタ浜から狙える魚とは・

「魚処 わき」近くのゴロタ浜からの釣り

どのような雑誌にも記載されていない釣り場で、釣り人もほとんどいないのが魅力の釣り場なのが「魚処 わき」近くのゴロタ浜です。

 

 

この釣り場で竿を出す方は、かなり好奇心旺盛な方フロンティアスピリットに溢れるアングラーしかなかなかいません。

 

 

このように書く私もかなり・・・もの好きですから、ここでたまに竿を出します。^^;

 

 

釣り場の位置確認は下の図をご覧下さい。

弘漁港から国民休暇村に向う通称「金印海道」沿いに「魚処 わき」というお店があります。

 

そこの駐車場付近の草むらから海岸に出れる場所があります。

 

ここをくぐって海岸線に出ると、目の前にゴロタ浜が広がります。

 

 

ここが今回ご紹介する釣り場で、右側にはずっと歩いて行けるゴロタ浜があります。

 

ここで、石でもはぐってビナエサを採るわけではありません。

 

 

誰も釣りをする方がいないので、何にも釣れないのではないか?と思われる方も多いはずですが、こういうポイントこそが場荒れしていなくて案外好ポイントであることも多いのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 「魚処 わき」近くのゴロタ浜から狙える魚

 

 

この様なゴロタ浜から狙える魚は、ずばりロックフィッシュが面白い。

 

 

メバル、アラカブ、アイナメ、タケノコメバル、ムラソイ、クジメ・・などは常連さんで、小型だがアコウやタカバもたまに釣れる。

 

 

また、メイタ〜チヌの渚釣りも出来る。

 

 

投げ釣りではキスも釣れないことはないが、根掛かり多発地帯でウンザリするし、ベラやチイチイフグの猛攻に遭う。

 

 

※ロックフィッシュ狙い
ウェーダを履いて5・3メートルの磯竿や長めの落とし込み竿で虫エサや現地調達のカニや貝をエサにしてどんどん探ると楽しめます。
釣果は歩いた距離とエサをつけたハリを落とした回数に比例します。

 

 

アワビ・サザエやウニは、絶対採るな!!

 

海にいるものは法的に無主物だから見つけた者の所有物ではないか?と思う方がいるかもしれません。
民法で言うところの無主物先占です。

 

 

ところが、このポイントの出入り口のところにある看板のようにそうでないケースもあります。

 

 

アワビ・サザエ・ウニを採ったり、所持したり、販売したりすると、3年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金を科される法律があります。

 

 

これは漁業法の138条の罰則規定で、漁協の組合員や漁業権がない一般人が勝手にアワビ・サザエ・ウニを採ったりすることを禁止しています。

 

 

そげな法律知らんばい!!では済みません。

 

 

法律は知らない者を助けないと言う言葉もあります。

 

 

異常なまでに刑が重過ぎるような気もしますが、要はワリに合わないことをするな!!と言う意味もあるのかもしれません。

 

 

「エサを見つけるために岩をはぐったらた、またまサザエが1〜2個見つかっただけやから・・・よかろうもん!!」ではすみません。

 

 

罰則を知れば、買った方がマシだと思うはずです。

 

 

ここだけではなく、志賀島全般で勝手にサザエやアワビやウニを採らないようにしましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

お役立ち情報