落水事故に対する準備は必ずしておきましょう!

落水事故に対する備えの中で絶対になくてはならないモノ

 

漁港だとか船溜まりなどで誤って海に落ちても船がたくさんありますし、船をけん引しているロープなどもたくさんありますから、掴むところがいっぱいありますので、よほどのことがない限り命を落とすことはありません。

 

 

ところが、犬走から海面までの高さが高い防波堤や博多湾の埠頭などでは足元から海面までの距離がかなりありますので、落水事故が起こると生死にかかわる事故に発展する可能性があります。

 

 

 

こういう場所で海に落ちますと、泳げる・泳げないに拘わらず非常に危険なことは、お分かりいただけるかと思います。

 

 


だからと言って、埠頭や防波堤でライフジャケットを身に付けて釣っているかと云うと、私自身もこれまでしたこともありませんし、夏場なんて暑くて身に付ける気にすらなりません。

 

 

なので、釣り具メーカーやアウトドアメーカーなどから自動膨張式タイプのライフジャケットがいろいろと発売されています。

 


 


 

この手の自動膨張式タイプのライフジャケットを私も持っています。

 

 

しかしながら、試したことがないので、クルマのエアーバックと同様に、実際に事故が起きてからしかその威力が分からないものだとも思うのです。^^;

 

 

しかも有名釣具ブランドの自動膨張式タイプのライフジャケットはお世辞にも安くはありません。

 

 

家族全員分を揃えるとなると、かなりの出費となります。

 

 

それだったら、こちらの手動式の膨張式タイプのライフジャケットのほうがかなり安くつきます。


 

これらの膨張式タイプのモノは、通常のライフジャケットに比べるとコンパクトにできているために釣りをするのにそれほど邪魔にもならないという利点があります。

 

 

しかしながら岩場や磯場では、昔ながらのライフジャケットでないと、岩やカキガラ等に引っ掛かり役に立たなくなることは知っておいたほうが良いです。

 

 

要はライフジャケットの類は、釣り場に応じて使いこなすことが必要になってきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ライフジャケットよりも落水事故のために絶対になくてはならないモノとは?

 

ライフジャケットをしてなくて釣り人やご家族が海に落ちたときは、応急処置としてはクーラーボックスの中身をすべて出して、蓋をきちんと締めて、水汲みバケツなどのロープを結んで投げ込んで、浮き輪替わりにすることは広く知られています。

 

 

ですが、この状態では、海に落ちた人を引き上げることができません。

 

 

頑丈で人を引き上げることができるぐらいの強度がある救命ロープが絶対に必要となります。(水汲みバケツなどに付属しているロープでは無理です)

 

 

なので、こちらのような救命ロープを車のトランクに常備しておくことがおすすめです。

 

 

もしも、ロープがないときは、すぐに118番に電話するようにしてください。
(海難事故は118番です!)

 

但し、夏場はともかく冬場ですと、救命隊が駆け付けるまでの間に低水温で命を落とすことにもなりかねませんので、要注意です。

 

 

救命ロープを車のけん引用のフックに結び付けて、ゆっくりゆっくり引き上げることで海に落ちた方を引き上げることができます。

 

 

単独釣行が多い方は特に要注意

 

釣りに一人で出かけることが多い方は特に注意して最低限膨張式タイプのライフジャケットを腰に付けるなどしておくべきだと思います。

 

 

但し、陸に這い上がるところがないと命を落としかねません。

 

 

なので、こちらの大音量が出る救命ホイッスルぐらいはフィッシングベストに入れておくか、首からひもで下げておくことをおすすめします。

 

単独釣行の時はなるべく危険な釣り場は避け、竿を出すにも海に落ちた際にどこから陸に上がれるのかを確認して釣りをしましょう!

 

 

埠頭などでは這い上がる場所がないところが多く、クルマ横付けで釣りやすい反面、海に落ちると超危険なポイントであるということを再認識しておくべくではないでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

トップページに戻る!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お役立ち情報