鐘崎漁港のファミリースポットなら上八の波止&中波止

鐘崎漁港のファミリースポットである上八の波止&中波止

鐘崎漁港と言えば、玄界灘に面して長く延びる外波止を思い浮かべる釣り人がほとんどではないでしょうか?

 

 

漁港内は釣り禁止になっているところが多く、外波止と比べると本格的に大物は狙えないと言うのが多くの釣り師の意見。

 

 

釣り禁止が多い港内でも、二つの波止だけで釣りをすることが出来るのが、上八の波止中波止

 

 

地図で位置を確認してください。

悲しいことに昔から鐘崎漁港の港内は竿出しが出来るスポットが限られており、知らない方はどこで釣ったら良いのか分らん!と言う方も多かったものです。^^;

 

 

平成24年の2月までは、この鐘崎漁港から地の島行きの定期船があったのですが、現在は神湊から定期船に加えフェリーも出航しています。

 

 

ネット上でも未だに地の島への定期船が鐘崎から出ているなどと書かれてある大手の旅行会社や旅行雑誌のサイトも見かけます。(涙)

 

 

スポンサードリンク

 

 

鐘崎漁港のファミリースポットの最右翼が中波止

 


中波止は昔からファミリースポットとして親しまれ、以前はここにメバル狙いに良く通った釣り場です。

 

 

先端部分は、サビキ釣りやウキ釣りのファミリースポット

 

もちろん波止の真ん中ぐらいからでも、竿を出すことが出来ます。

 

 

晩秋から春先にかけてのメバルは、先端部分からのウキ釣りが一般的ですが、案外波止の付け根の船と堤防の間をモエビのエサで脈釣りしたほうが数も型も出ます。

モエビ以外の虫類では見向きもされません!

 

 


地元の猫ちゃんやワンちゃんが登場しますが、たまに釣れた魚をあげてください。

 

 

 

鐘崎漁港の人気NO1釣り場である上八の波止

 

「上八の波止」を読める方は地元の方か常連さんぐらいで、上八と書いて「こうじょう」と読むのです。

 

 

地名と人名は読めなくても恥ではないと言いますが、知らない方は「こうじょう」とは読めませんよね。

 

 

さて、この上八の波止は昔からヒラメ釣りで有名な波止ですが、2017年6月現在波止の延長工事が行われており、全面立ち入り禁止になっています。

 

 

延長工事が行われる以前からも先端部分は立ち入り禁止でしたが、完成後はどうなるのかが心配です。
(私が良く通っていた頃は、先端からの釣りもOKだったんです)

 

 

先端部分の左側の付け根にはテトラが入っていて、穴釣りには最適です。

 


こんなところの穴釣りで、案外大物が釣れるんですよね〜!!

 

 

上八の波止が全面立ち入り禁止にならないことを釣り人は願うばかりです。^^;

 

 

 

波止場の右側の際でもメバルが狙えますし、エギングをしている方も多いようです。

 

 

このあたりはサビキ釣りなんかもOKですから、ファミリーフィッシングにはクルマが近くに止めれて良い釣り場です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

トップページに戻る!!

お役立ち情報