釣り雑誌の効用を考えてみる

釣り雑誌不要論vs釣り雑誌必要論

スポンサー色が強い釣り雑誌などいらん!

 

 

費用を度外視して、釣れる時期に釣れる場所で、テスターが釣るような記事など全くもって参考にならん!

 

 

釣り雑誌など要らないし、釣り雑誌など俺は一切読まないぞ!と言う方も結構います。

 

 

中にはマニアックな釣りにはまりすぎて、知りたいことを記事にしている釣り雑誌などないから・・と言う方もおられます。

 

 

更には、自分の釣り方でソコソコ釣果が上がっているから他の釣りなど興味が湧かないし、知る必要もないよ〜!と言われる方もいます。

 

 

釣り雑誌を読んだり、釣りニュースを買ってるやつらは自分の釣りに自信がないヤツラだ!と言う方もいます。

 

 

昨今では多くの釣りファンは、「魚名+釣り方」「魚名+釣り場」「魚名+仕掛け」「魚名+エサ」などと言うキーワードを検索窓に打ち込めば、たいていのことが分るから、釣り雑誌や釣りニュースなど買ってまで読まなくてもいいよ〜!と、言われます。

 

 

どのご意見も言い得て妙ですし、ご尤もな意見だと思います。

 

 

ですが、やはり私はついつい釣り雑誌も買いますし、ワンパターンと知りつつも釣りニュースを買うことがあります。^^;

 

 

スポンサードリンク

 

 

私が釣り雑誌を買う理由

 

パソコンやスマホなどによるネットの釣り情報はありがたい半面、いつでも、どこでも・・・と言うのが案外そうでもないのです。^^;

 

 

特に紙媒体に慣れている私達の世代はスマホの小さな画面は見づらいですし、パソコンのモニターでもなんとなく読んだ気がしない。(笑)

 

 

たとえスポンサー色が強かろうと、新しい釣具新しい釣り方などを知ることが出来る。

 

 

へぇ〜、こんな釣り方があるんだねぇ〜!と驚きと新たな発見がある。

 

 

釣りガールがお手軽に自分が釣ったことがないような魚を釣り上げている写真を見ただけで、「俺もその場所に行ってみるか!」と言う気になる。^^;

 

 

昼飯を食いながら読めるし、布団の中に入って眠たくなるまで雑誌をパラパラ・・・とめくることが出来る。

 

 

ネットが繋がりにくい環境など全くカンケーない!

 

 

私はネットによる情報も良く見ますが、釣り雑誌から得られる情報も有益な情報が多いと感じています。

 

 

また、自分が良く行く釣り場で、全く違った釣り方で違った魚種を釣っている内容などの記事を読んだだけで買って良かった!などという気になるんです。(単純なんで・・・!!)

 

 

自営業者であれ、会社員であれ、釣りに行ける機会は限られています。

 

 

せっかく釣りに行くのであれば、誰もが狙った魚をたくさん釣りたいし、出来れば大物を釣りたいと思うのは、釣り人の偽らざる性ではないでしょうか?

 

 

情報量は多いほど良いですし、どの情報を取捨選択するかも個人の自由です。

 

 

リアルタイムな情報をネットで得つつ、釣り方や仕掛けのノウハウは釣り雑誌から得るというのもひとつの考え方です。

 

 

そう言いながらも、釣り場に行ってボウズを食らうこともあるんですけど・・・・。^^;

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

トップページに戻る!!

 

 

 

 

お役立ち情報