ルアーマン垂涎のポイントが点在する深江漁港

あらゆるジャンルの釣りが楽しめる深江漁港

松末羅漢川の河口に位置する深江漁港は、魚種が豊富なことで有名な釣り場。

 

 

河口の水深は凄く浅く、満ち込みの時でないと思うように釣果が上がりません。

 

 

この浅さを利用して近年では、フローティングミノーなどを使ってブリームゲームを楽しむルアーマンもいます。

 

 

 

 

更に海との境界線部分はマゴチが多いことで知られ、ピンギスやハゼやアジゴの活き餌でのぶっ込み釣りやルアーで狙う方もいます。

 

 

 

河口沿いに突き出ている石積みの波止はなかなかの人気で、駐車場からも近く、ウキ釣りでチヌが狙えるポイント。

 

 

 

昼間は、マキエを撒いたウキフカセで狙う方がほとんどですが、夜の虫エサをエサにしたウキ釣りでは、メイタ〜チヌはもちろんスズキも釣れます。

 

 

投げ釣りではもちろんハゼやキスが狙えます。

 

 

スポンサードリンク

 

2つの波止の攻略法

 

河口沿いの堤防からすぐ見える1本目の波止と天満宮があるところから伸びている2本目の波止の攻略法について書きます。

 

 

1本目の波止

 

多くの釣り人が沖向きに竿を出して、チヌやバリ、アジなどをウキで狙います。

 

 

河口向きは晩秋から春先にかけて、メバルアラカブが夜釣りで狙えます。

 

 

ルアーフィッシングでは、シーバスはもちろん、タチウオ、サワラ、カマス、アジが狙え、エギングによるアオリイカ(ミズイカ)も狙えます。

 

 

2本目の波止

 

 

天満宮の鳥居付近に数台車が止められまして、そこから砂浜に降りて歩いて行く石積みの波止が一番人気の波止です。

 

 

 

四季を通じていろいろな魚が狙え、ウキ釣り、投げ釣り、ルアー釣りにエギングと多彩に楽しめる釣り場です。

 

 

凡そ近場で狙える魚が揃っており、釣りものには不自由しませんが、釣りに行く際は直近の釣果情報を入手して行かないと、狙うものが違っては、釣れる魚も釣れません。

 

 

エギングでは、アオリイカはもちろんコウイカや冬場にヒイカも狙えます。

 

 

 

 

砂浜からはハゼ、キス、メゴチ、トンマなどが狙え、冬場は数は少ないもののカレイも散発的に釣れます。

 

 

ここで、深江漁港の位置を確認してください。

 

 

松末羅漢川の河口域にある深江漁港は、マジでいろいろな魚に出会うことができる近場のオアシス的存在です。

 

 

私的に好きなポイント

 

 

私は、メバル・アラカブ・アイナメ・アコウ・タカバなどのロックフィッシュをヘチ釣りで狙うのが好きなので、四季を問わず夜釣りで車が横付けできるポイントを探って回るのが好きです。

 

 

なので、あまり釣り人が狙わないであろう漁港内などをテクテクと釣り歩いて釣りますと、思わぬ魚に出くわすことがあります。

 

 

 

 

すると、思わぬ魚が釣れて驚くこともあるのです。

 

 

 

だからヘチ釣りが好きなんですけど‥‥。

 

 

同じ釣り場でも、夜は全く釣れる魚が違うことが多々ありますので、ぜひお試しください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

トップページに戻る!!

 

 

 

 

 

 

 

お役立ち情報